ブログ / Blog
2020/06/16
【更新】2020/07/06
writed by TakaYu
ウィンドサーフィンを安全に楽しむためにできること

 みなさんこんにちは!
ウィンドサーフィンは自然を相手にするスポーツです。時に自然は我々に牙を剥きます。今日は安全に楽しむために知っておいた方が良いことを基本的なことから紹介したいと思います。

windsurfing_image
安全が一番大事です。

 

海に出ることを必ず誰かに伝える。

 個人的には最も肝心なことだと思います。陸で待つ誰かに海に出ることを伝えましょう。例えば、スクールやショップなどのお店に顔を出して挨拶してから出るのでも良いとお思います。ショップによっては出艇者名簿に名前を書いて、安否を確認しているところもあります。特にショップは救助もできるジェットスキーを所有しているところが多いので安心ですね。友達と二人以上でいくのであれば、誰かが陸待ちしている状態が理想ですが、やはり皆ウィンドサーフィンしたいと思うので、少なくとも家族などに海に行くことを伝えてから出かけてください。誰にも告げずに海へ出ることだけは絶対にないようにしましょう。

浮力体を装備する。

 マリンスポーツの基本ですね。例え煩わしくても、ライフジャケットや浮力体は必ず装備しましょう。最近はウエストポーチ型や着心地が向上しているスマートでな浮力体ベストも販売されています。一般にマリンスポーツ用の浮力体は浮力性能より運動性能を優先しているので、ないよりは断然マシと言えますが、あれば大丈夫というものではない点に注意しましょう。浮力体ベストではなく、ライフジャケットでの話になりますが、海上保安庁の資料(参考1)によると、釣り中の海中転落ではライフジャケットを着用した場合は生存率が23%向上したそうです。

スマホは海上へ持っていく

 沖合は障害物がないので意外と電波が届きます。スマホがあれば海の上でも仲間と連絡が取れますし、GPS機能で現在地がわかるので助けも呼びやすいので安心ですね。ウィンドサーフィン専用アプリで移動距離やスピードを測定したりもできます。落としたり濡らしたりすると最悪なので、防水ケースに入れるのはもちろん、ウェストバックにロープで結んだりして手を滑らしたり多少の衝撃を受けても落下しないようにしましょう。いちばんのおすすめは完全防水のスマホをもっていくことです。ある条件下で水没しても内部に浸水しない「IPX7」以上を選びましょう。尚、たとえIPX7以上の製品であっても、これは常温の真水での防水性能を表すので、塩分を含む海水とは異なります。防水性能が高いに越したことはないですが、鵜呑みにせず、ロープを取り付ける必要もあるため、ケースを使用することをおすすめします。

windsurfing_image
因みにiPhone11は最高性能を示すIP68です。

当日の天候を把握する。

 スマホをもっている場合はその場で調べることもできますが、当日の天候を把握するのは忘れないようにしましょう。近年の気象情報は今後24時間はかなり正確に風向きや潮の流れなども予報できます。特に「何時から風向きが変わるか」を把握して、海の上では腕時計やスマホで確認しましょう。事前の準備を怠らないようにしてください。

オフショアでは乗らない。

 オフショアとは陸から海へと流れる風のことです。対して海から陸に流れる風をオンショア、また海岸沿いに横向きに流れる風をサイドショアと言います。 オフショアの時、風は海上から陸へ向かうので向かい風となり、陸地に戻る時に時間がかかったり、体力を消耗したりしやすいです。特に初心者はオフショアの時は乗らないようにしましょう。もし乗っている時に風向きが変わってオフショアになってしまった場合、湾になっている地形であれば、とりあえずどこかの海岸に向かうことができます。

衣類を着用する。

 万が一、海の上でボードを紛失したりして泳がなければならないなど、水中に長時間いなければならないような場合、ウェットスーツやラッシュガードなどを着ていると体温の低下を防ぐことができます。

ヘルメットを着用する。

 ウィンドサーフィンでたまに聞く事故として、転落時にマストが頭部に直撃するというものです。初心者の方はそこまで高速で走行することはありません。しかし、プレーニングができてくると検討した方が良いと思います。プレーニングなどで30km/h程度出ていると、速度は原付バイクと同程度も出ていることになります。このスピードで転落すると、たとえ水中と言えど、転落の仕方によっては風が作用してかなり大きな衝撃になることがあります。マストはその性質上、硬い素材でできていますし、頭部に直撃した場合は構造上、衝撃が逃げにくい作りになっています。


 以上、少し長くなってしまいましたが、どれも非常に大切なことです。いきなり全て実現することは難しいので、出来ることからやっていきましょう!